Aging Care Beauty solution

スキンケアのバランス

水分と油分のバランスを整えよう

基礎化粧品でスキンケアを行っても、すぐにかさかさになってしまう乾燥肌は、水分と油分のバランスが崩れた状態になっています。 化粧水で水分を与えるのはとても重要ですが、化粧水に配合されている保湿成分は水溶性で濃度も低いため、そのまま放っておくとどんどん水分が蒸発してしまって、乾燥肌がひどくなってしまいます。 水分を補うだけでなくそれをとどめておく保湿成分を、しっかりと化粧品で与えるのが大切です。 そのため、乳液やクリームなどの油分を含んだ化粧品を使うようにして、保湿成分を強化して油分でふたをするのが効果的です。 また、美容成分にはヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどが配合されているものを用いて、潤いアップを目指すのが良いでしょう。

スキンケアによって肌が乾燥してしまう

毎日何気なく行っているスキンケアが乾燥肌を招いている可能性があります。 特に落とすケアであるクレンジングと洗顔は、肌に大きな負担をかけてしまうため、正しいやり方で行う必要があります。 まずは、適度な洗浄力を持ったクレンジング剤や洗顔料を用いるのが大切です。 汚れ落ちの良いクレンジング剤や洗顔料は、肌に必要な皮脂などを奪いすぎてしまって、乾燥肌になってしまうので、適度な洗浄力のものを選ぶようにしましょう。 また、肌に極力刺激を与えないようにメイクや汚れを落とすようにして、こすらない、力を入れないように行うのが大切です。 手早く丁寧にをモットーにして、洗顔後にはすかさず基礎化粧品でスキンケアを行うようにしましょう。